« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006.04.30

gigashot V10 Part2

R0010759w256gigashot V10、まだ本格的にイベントのお供にしていませんが、ぼちぼち使ったとりあえずの雑感など。(画像と本文は何の関係もありません。だいたいV10で撮ったものじゃないし。)

まず、なんだか、AFがフラフラします。FinePix M603はさくっとピントが合って安定しますが、V10は安定するのにちょっと時間がかかる感じです。

それから、初体験の電子式手ブレ補正ですが、効果はともかく副作用は実感しました。要は、500万画素からうまいこと400万画素分を切り出す位置を変えてブレてないように見せかけるしくみなわけで、換算焦点距離が1.25倍になります。換算38-190mmが、換算47.5-237.5mmになります。かなり広角側が犠牲になるので、広角側しか使わなさそうな場面では、手ブレ補正はOffですね。逆に望遠側が欲しいときには手ブレ補正を効果はおいといて積極的にOnにしたほうがいいかも。

連休中に旅行のお供にしますので、M603と色々勝負させてみたいと思います。晴れるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

gigashot V10

P4231288w256東芝のgigashot V10(写真右)を入手しました。そろそろFinePix M603(写真左)の後継が欲しいと思っての購入です。yodobashi.comにて昨日土曜日の午前中に注文してすぐ日曜日のお昼に到着しました。クレードル経由で充電中です。

mpeg2動画と500万画素の静止画が撮れるV10は、2002年11月発売のM603と大きさ、重さとも殆ど変わりませんが、デジカメと言うよりは明らかにビデオカメラ寄りですし、最新機種だけあって、かなり機能的にもお得な感じがします。思いつくままにM603よりもいいところを挙げてみると、次のような感じです。

○よくあるタテ型のムービーカメラの形態なので操作しやすい
○音声がステレオ
○手ブレ補正(電子式、動画のみ)
○換算38-190mmの光学5倍ズーム
○4GBの内蔵HDDに加えてSDメモリカードも使える

室内でちょこっと使ってみていくつか慣れない点もちらほら。

●液晶モニタが2型と小さい(M603の2.5型に慣れているので)
●レンズキャップが内蔵じゃない
●背面のRECボタンとズームレバーの位置が悪い(持ち方の問題だろうがジョグダイアルの位置だとよかった)
●前面の静止画用RECボタンが邪魔(これも持ち方の問題だろうが勝手に押されがち)
●充電器がなくて本体充電のみ(せっかく予備含めて充電池2個同梱なのに)

M603との画質勝負などはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

無線LANプリントサーバ

P4151282w256無線LANプリントサーバを買いました。

妻と子どもがそれぞれ無線LANでノートPCを使っており、専用にキヤノンのプリンタも買ってあったのですが、ノートPCもプリンタも設置場所が固定できないため、プリンタを使いたい時にいちいちつなげるのも面倒で、結局私のデスクトップPCの電源を入れて、直結してあるプリンタから出力するという、煩雑な運用になっていました。

これだと基本的に私がいないとプリンタが使えないので、ルータのプリントサーバ機能を使おうかと思ったのですが、パラレル接続しか対応していないし、ルータの近くにプリンタを設置する場所がないので、無線化することにしました。

そこで、色々探してみて発見したのが、silexのC-6700WGです。キヤノン製プリンタ専用ですが、たいていのプリントサーバが対応していない双方向通信に対応しています。その分、値段も高めですが、PCにプリンタを直結しているのと同じ感覚で使えるので、非常に満足度が高いです。有線でも無線でも使用出来るし、WEPなどにも対応しているので、安心して使えます。

色々設定していて初めて気が付いたんですがが、キヤノンのプリンタは、プリントすると自動的に電源が入り、プリントが終わると自動的に電源が切れるように設定できるんですね。おかげで、わざわざプリンタのところへ行って電源入れてからプリントしなくてもいいので、ものすごく楽になりました。

私のPCではエプソンのプリンタを使っていますが、プリンタを2台も持っている意味もないので、PIXUS Pro 9000か9500あたりに乗り換えて、1台にしてしまってもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

ナイター競馬

Dsc_2917w28820日ぐらい前の話ですが、また関係者の計らいで、大井競馬場でトゥインクルレース撮ってきました。

D70にシグマ135-400mmを付けて一脚(Velbon RUP-43)にのせて、ISO1600+絞り開放、AF-C+AFエリアは真ん中ダイナミックで、連れが万馬券をGETしてるのをしり目に、馬券も買わずにせっせと流し撮り連写しました。ガラガラに空いてたので、いいポイントで撮れてよかったです。

ちょっと悔しいことがありまして、騎手の落馬があったのですが、決定的瞬間を撮り損ねました。ファインダーにはちゃんと捉えてましたが、撮ろうと思っていたポイントでの出来事ではなかったために、体が反応しませんでした。残念。(ちなみに、スタート直後の団子状態での進路妨害による落馬でかなりヤバそうな状況でしたが、騎手はほぼ無傷だったようです。自力で歩いてました。)

Dsc_2962w288出来ばえは、135mm~200mmだとかなり成功率が高かったですが、300mm~400mmだと成功率ががくっと下がり、特に400mmではシャッター速度1/100ぐらいでは手ブレが止められずにボロボロでした。(右の画像のように縮小すると綺麗に見えますが、等倍だとボロボロです。とてもお見せできるシロモノではありません。)

次に機会があれば、昼間に撮ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »