« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.28

伊豆の写真

Sameようやくゴールデンウイークに伊豆で撮った写真を整理して、「ギャラリー」のほうにアップしました。毎度のことですが、web用に意識的に撮っておかないと、家族が写っていない適当な写真を探すのが大変です。

http://www.photohighway.co.jp/AlbumTop.asp?key=1774747&un=89622&m=0

簡単に紹介しますと、1枚目は江川邸、2枚目は韮山反射炉、3枚目はかつらぎ山パノラマパーク、4枚目は伊豆・三津シーパラダイスです。

4枚目の水族館では結構たくさん撮ったんですが、ISO1600で絞り開放(F3.5)でもせいぜい1/80程度でしか切れない環境の中、魚は想像以上に移動速度が速いので、ほとんど被写体ブレしてしまって使い物になりませんでした。唯一、まあまあマトモに撮れたのが、比較的ゆったり動くカニぐらいです(でもあんまり等倍で見ないでください(^^;)。

余談ですが、ギャラリーなどに利用しているPhotoHighwayが、有償会員向けに、ディスク容量倍増キャンペーンをやっています。私も利用している300MBのコースを600MBに容量アップしました。次回の更新時も同容量で料金据え置きのようなので、ギャラリーなどの更新頻度から考えても当分容量には困らないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

なんとなくアクセス解析

Dsc_0520w288なんとなくアクセス解析の無料サービスを使ってみることにしました。「お」を開設してかれこれ5年もすぎて、何をいまさら、という感じですが。毎度のことで、写真と本文は何の関係もありません。ちなみに、某所の古い家屋の中で天井撮ったものです。

利用しているのは、とかいうところのサービスで、ページの左上にあやしいちっこいバナーがあるのが目印です。本体トップページなどところどころに置いてみました。

昨日使い始めたばかりですが、時間帯別のアクセス数のグラフとか、どこ経由でこちらに来ていただいたのかとか見せてくれるので、なかなか面白いです。でも、アクセス数が少ないのがますますみにしみます。はぁ。

ついでにこのblogにもカウンタ付けてみました。逆効果で気分がさらに落ち込みます。(:_;)

まぁ、blogもせめて週一ぐらいで更新しようと思っているんですが、gigashot関係も一段落着いちゃったので、ネタに困ってこんなこと書いているわけで。買い物してないわけじゃないんですけどねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

gigashot V10 Part4

Dsc_0535w288連休中に伊豆のほうに行きました。天気がわりとよかったので助かりました。(右の画像はD50で撮ったものです。)

で、ついでにgigashot V10とFinePix M603、DDV-660の3台で撮り比べをしてみました。結果はコチラです。

風が強かったので、音が「ぼぼぼぼ」いってますが、gigashot V10はかなりいい線いってるんじゃないかと思います。画質的には、

gigashot V10 > M603 >>>>>>>>>> DDV-660

ってところでしょうか。まぁ、発売時期その他考えれば、妥当なところでしょう。ちなみに、DDV-660はアイ・オー・データのコレと同じものだと思います。

余談ですが、今回のサンプル動画はファイルサイズがかなり大きいので、TOK2.comに置いてあった「お」とは別用途で死蔵状態だったサイトをつぶして、ページの置き場所に使いました。TOK2.comは無料で容量無制限なところはいいんですが、異様に大量のバナー広告がものすごくうるさいので、たぶん動画専用って感じで限定的に使っていくと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

gigashot V10 Part3

Gsc_0057ボウリング場で撮影しました。右の画像にリンクされています。設定は次のとおりです。

動画クオリティ:HQ 手ぶれ補正:オン カラー:あざやか コントラスト:ソフト シャープネス:ソフト
11秒、8.72MB、ズームはテレ端、傾いているのはご勘弁を。Windows Media Playerで再生してください。

余談ですが、ボールがガーターに落ちないようにする子供用の柵はいいですね。一投目は必ず何本か倒せますから、小さい子供も楽しめます。でも、ファウルのセンサーが働いていたので、何回かファウルになってしまいました。子供相手にそこまでせんでも、と思いますが、まぁルールはルールですからしょうがないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »