« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006.06.24

給湯復活

Kyutokinew新しい給湯器が付きました。やっと家でお風呂に入れます。よかった、よかった。でも極楽湯も捨てがたいかも。

今回取り付けた、潜熱回収型の給湯器(給湯器内でお湯を沸かすときに発生する熱を排気せずに回収して利用する仕組みらしい。)の場合、なんか省エネで国からの補助?があるみたいで、東京ガスに申し込んでおくと、3ヵ月後ぐらいに通知が来て、その時に住民票出したりして手続きすると、2万円ぐらいだかお金が戻ってくるようです。コチラを見ると、なんか枠が決まっているみたいですが、まぁ楽しみに待つことにしましょう。

それはさておき、はやいとこ受験生が片付いて、本格的な水周りのリフォームに突入したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

壊れる時はまとめて壊れる

Kyutoki20年選手の給湯器が壊れました。

壊れた時にわたしは家にいなかったのですが、快調にお湯を出していたのに、気が付いたら電源が落ちていたようです。突然電源が落ちるのは以前からあり、電源コードの抜き差しで復旧していたのでそれを行ったところ、今度は漏電ブレーカーが落ちて、家中停電になってしまったようです。

給湯器自体の問題なのか、それとも電力供給関係に問題があるのかどうかがわからなかったので、まずは東京電力に連絡して漏電調査を行ってもらうことにして、そのあとで東京ガスに給湯器を調べてもらうことにしました。

東京電力の調査により、家の中の電力系統には問題はなく、唯一給湯器を接続した時にだけ漏電を検知することがわかったので、原因は給湯器に絞られました。

次に、東京ガスに東京電力の調査結果を伝えて給湯器を調べてもらったところ、「電力基盤が逝っちゃってるので修理不能です」とのこと。カバーをあけて中を見せてもらいましたが、なんか緑色になっちゃってるし、漏水もしてました。漏電するわけだ。さすが20年選手。

水周りの大規模リフォームを、受験生がいるので受験が終わってから、ということで予定していたので、このまま一気にリフォームに突入するか!?とも考えましたが、「リフォームの時に使いまわせますから」という説明を信じて、とりあえず給湯器だけを取り替えることに。しめて32万円ナリ。でかい液晶テレビを買ってなくてよかった(笑)。

ということで、新しい給湯器の取り付けは、今度の水曜日です。それまでお湯が出ません。ということは、風呂にも入れません。幸いなことに、近所に「極楽湯」とか言う大きな銭湯があるので、そこに通うことに。広いお風呂でゆったりと手足ものばせるし、家の狭い浴槽よりもリフレッシュ出来るので、たまにはいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

2011年

Tv9年間使っていた日立のブラウン管テレビが突然壊れました。ほんとうに突然、電源が入らなくなりました。画像には特に問題なかったのに。ちょっと壊れるの早すぎ。16年使っているビクターのブラウン管テレビは元気に動いているのに。設置環境から言ったら、食卓近くに置いてあるビクターのテレビのほうが、鍋物の蒸気や焼肉の煙の直撃を受けたりしていて、絶対劣悪だと思うんですが。でも日立のテレビは畳部屋の居間兼寝室に置いてあったので、布団の上げ下ろしがあるからほこりっぽかったかも。そういえば、その前のサンヨーのブラウン管テレビが6年で壊れたから買い替えたんだっけ。

仕方がないので新しいテレビを買いに、近所のコジマ電気へ。せっかく買い替えるんだから、ちょっと大き目の液晶ないしプラズマのやつにしようかなー、などと物色。相場はだいたい1型1万円という感じで、よさげなのを選ぶとかるーく40万円オーバー。ン百万はかかると思われる水周りの大規模リフォームを控えている状況では支出にちょっと無理があるし、壊れたテレビよりちっこいのに10何万も出したくないし、そのうちキヤノンのSEDとかもっと安くてでかくていいやつが出るだろうから、ここはつなぎでブラウン管にしとくかな、と。

ということで、テレビ台の関係もあるので壊れたテレビと同じ25型のブラウン管テレビ(パナソニック)を購入。しかもアナログチューナー内蔵。「2011年アナログテレビ放送終了」の黄色いシールが目にしみる(涙)。壊れたテレビの引き取り料含めて37,000円なり。5年で壊れますように(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

湿気対策

Syabonいやですね、梅雨は。家も職場も最寄り駅から結構歩くので、雨の日はしんどいです。

湿度が高くなると、カメラやレンズにカビが生えやしないか気になります。まあ、常に使っていれば別に気にするようなことでもないですが、安いレンズを無駄に買い漁っているので、常に全部を使うというわけにもいかず、どうしても長いこと使わないものも出てきてしまいます。特に焦点距離が長いほうは、年に数回のイベント時以外は、まず出番がありません。(写真はそこそこ出番のあるAF50mmF1.4Dで撮ったものです。トリミングしてありますが。)

せっかく買ったAF-S300mmF4Dも、APS-Cサイズの撮像素子では450mm相当になってしまい、校庭が狭い小学校の運動会では長すぎて出番ナシです。運動会ではAF180mmF2.8Dを270mm相当で使って用が足りることを考えると、AF-S300mmF4Dを使うのならフルサイズ撮像素子のカメラが欲しいですね。はやくニコンが出さないかなぁ。高いと買えないけど。でも大きな体育館でのイベントを観客席から撮るような場合には、450mm相当でも足りないんですけどね。

ということで、出番の少ない機材は防湿庫にしまいこまれているわけですが、もういっぱいいっぱいです。使っているのはトーリ・ハンのドライ・キャビ、TSP-73というプラスチック製の71リットルのものですが、もうこれ以上入らない、って状態です。かと言って、防湿庫をもう一台買っても狭い家では置く場所もありません。仕方がないのでコンデジ用に8リットルのドライボックスを一つ買って追い出しましたが、あんまり空きません。

こうなったらもっと頻繁に機材を使い続けるしかないですね。でも天気が悪いと写真撮りに行けないし。困ったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.04

運動会

Tamaire小学校と中学校の運動会がありました。D200に180mmF2.8、D50に24-120VR、2台ぶらさげて撮影ポイントを探してうろうろしっぱなしだったので、肩もこったし日焼けしてかゆいしヘロヘロです。

小学校のほうは雨天順延で31日の水曜日になりましたが、休出の代休がとれたので見にいけました。空いてたし、天気もピーカンでよかったです。D200の設定はISO100のまま1段絞ってF4で絞り優先にしてシャッター速度はだいたい1/1500前後で切れました。もちろんAF-C&CHです。

中学校のほうは昨日土曜日でしたが、小学校ほど見に来る人もいないので、毎年空いてます。天気は一日中くもりでしたが、すごしやすくてよかったです。D200の設定はISO400でF4絞り優先にしてシャッター速度はだいたい1/1500前後でした。

ボディは変わりましたがレンズは昨年から同じものを使っています。焦点距離は撮影ポイントを選べば換算270mmで十分です。でも、もうちょっと長いのが欲しいかな、という場面もあるので、やっぱり70-200VRに1.4倍テレコンとか欲しいかも。今回、一番上のが中学3年で義務教育最後の運動会でしたが、一番下のが義務教育終えるまでにあと7回運動会に通うことになるので、まあ、そのうちに、という感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »