« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.28

Capture NX

Nx

つい先ほど、Capture NXがyodobashi.comから届きました。14,800円でした。トホホ。

見てのとおり、私はNikon Capture 4のユーザです。本来なら、優待販売で11,800円で買えたのです。なのに、何故、高いヨドバシカメラだったかと言うと...。

丁度、色々小物やら何やらを、yodobashi.comからまとめて買っていた時でした。Capture NXが7月28日から発売、というImpressの記事を見ていたのと、確かCapture 4ユーザ向けのバージョンアップなどの優待販売は予定されていない、というのをどこかで見たような気がしていたので、「小物だけだと10,000円届かなくて送料かかっちゃうから、ついでにCapture NXもとっとと予約しちゃうかー」ということで、他の買い物と一緒に予約してしまいました。カード決済で。それが7月10日。

その後、その他の買い物は、7月11日に発送されました。「あとはCapture NXだけかー。わくわく」と思ったのもつかの間、7月13日のImpressの記事で、優待販売があるのを知りました。「ガーン、でもいくらかわからないし、送料かかるかも知れないし、ヨドバシは10%ポイント付きだし...」との淡い期待もむなしく、7月19日にきたNikonからのメールにより、11,800円、しかも税・送料込みということがわかり、玉砕してしまいました。トホホ。

一応、ヨドバシの予約をwebで取り消せないかと思いましたが、一部発送後だったので?、ダメでした。電話してお願いしてみようかとも思いましたが、他の買い物は10,000円に満たないので、送料取られるのもしゃくだったので、やめとくことに。

ということで、思いっきり出ばなをくじかれてしまいましたが、ぼちぼちインストールして試してみたいと思います。私のPC環境は、Pentium4 2.4BGHz、メモリ1GBなので、ちょっとつらいかな、と予想しています。あんまりつらかったら、PC買い替えちゃうかも。色々悔しいし(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

RDC-7S入院

syuuri

リコーのRDC-7Sを修理に出すことにしました。

2000年11月の発売直後に購入し、長いことメイン機として活躍してくれましたが、最近は出番もなく、防湿庫の一番奥にひっそりとしまいこまれたままでした。

ふと思い立ち、久しぶりに防湿庫から取り出して、電源を入れてみると...液晶モニタに何も写りません。でも、メディアに残っていた、最後に撮った写真(2003年4月9日撮影、つまり3年以上使ってなかったということか(^^;)はちゃんと再生できます。バッテリーの残量不足のせいか?と思い、予備電池も含めて3本、フル充電してとっかえひっかえ試してみましたが、確かに電源は入っているものの、やはり液晶モニタには何も写らず。「あー、CCDが逝っちゃったのかなー」と、とりあえずシャッター半押してみると、AFはTTL/パッシブ併用ですから、ちゃんと合焦してLEDが点灯します。でも、そのまま押し切ると、真っ黒な画像が撮れます。

真っ黒な画像が撮れると言うことは、本当にCCDないし周辺のチップが逝ってしまったか、さもなければCCDに光が届いていないかのどちらかですが、レンズの中を覗いてみると、ちょっと違和感が。確か、絞りの真ん中にフタがあって、電源オンでそのフタが開き、オフで閉じる、というような動きをしていたと思うのですが、フタが閉じたままです。ということは、CCDに光が届いていない、つまり絞り周りの動作不良という可能性が出てきました。

もう3年も使っていなかったし、今では考えられないほど動作がトロいし、スマートメディアだし...とは言え、かつてはいろんな場面で家族の思い出とともにあったし、それなりに愛着もあったので(だったらもっと使ってやれって(^^;)、修理に出すことにしました。

とりあえずリコーのwebページにアクセスして、修理依頼の手順を確認。Caplio GXのCCDドット欠けの時にも利用した、たくはいサービスを利用することにしました。申し込みしたのがお休みの17日(月)だったので、梱包用資材が届いたのが、20日(木)でした。デジカメを中に入れてから付属のストローで空気を入れてふくらますしくみの緩衝材も入っているので、安心して送れます。あと、Caplio GXの時にはなかったような気がしますが、「修理に際してお預かりしたメディアや内蔵メモリの撮影画像が紛失・破損しても責任を負いません」みたいな承諾書にサインするようになってました。結構この手のトラブルってあるんでしょうね。

修理前に見積もりをもらうようにしましたが、たぶんレンズユニットをごっそり交換+工賃で、2万以上は堅いような気がします。いざ連絡を受けたら、修理やめちゃうかも。それはそれで諦めもつくかもしれないし...。ちなみに、修理をやめるとそのまま返送されますが、見積料として1,575円取られます。さて、どうなることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.15

WebCam Live! Motion

webcam



画質のマシなwebカメラを求めて、とりあえずCreativeのWebCam Live! Motionのホワイトモデルを買いました。

ヨドバシ・ドット・コムでの購入で、「お取寄せ」状態から出荷まで3日でした。ホワイトモデルを選んだ理由は、何故かホワイトモデルのほうがポイント還元率が高かったからです。ブラックモデルは今は消えています。

webカメラにしてはかなり高額ですが、センサーがcmosな場合が大半の安いwebカメラに対して、30万画素とは言えCCDを採用しているだけでなく、高額にそれなりに見合った機能が搭載されています。

本体はかなり大型です。カメラヘッドが、テニスボールとまではいきませんが、ゴルフボールよりは大きいです。画質は今まで使っていたELECOMのUCAM-N1C30WBKに比べれば、かなりいいんじゃないかと思いますし、満足しています(今までがひどすぎたとも言いますが)。画角も76°と広角で、結構広い範囲が写ります。

しかしこのwebカメラのウリは別のところにあります。まず、カメラヘッドにモーターを内蔵しており、付属のソフトウェアによってPCからリモートコントロールでパン/チルトが出来ることです。また、人間の顔を認識してカメラが自動で追従、ズームするフェイストラッキング機能を有しています。これらの機能は、Skypeでももちろん利用可能です。

フェイストラッキングは、常に動作する連続追従モードと、被写体の動きが止まってから動作する断続追従モードがあります。難点は、半そでだと腕の動きも拾ってしまうので、かなり頻繁に追従動作してしまうところです。

さらにオマケの機能として、付属ソフトを使って、自動パンしながら連続撮影した画像をつないでパノラマにすることが可能です。なかなか面白いことを考えます。

とまあ、非常に満足度が高いのですが、ちょっと残念な点が。フェイストラッキングの設定が、オンに設定しても再起動するとオフになってしまうことです。私が使う分には、別に毎回設定すればいいだけなのでどうってことはないですが、実家の両親にも使わせようと思っていたので、いちいち設定させるのはしんどいです。でも実家の分ももう買っちゃったので、とりあえず使い方を覚えてもらうしかないですが。

しばらくは、これを使ってSkypeを楽しみたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.07

huey

huey

遅ればせながら、huey買いました。yodobashi.comで14,800円、在庫はなくて「お取り寄せ」になっていますが、クレジットカード払いで注文してからちょうど一週間で届きました。高嶺の花だったカラーマネジメントツールに手が届くなんて、いい時代になったものです。ちゃんとしたレビューなどはImpressに出てますのでそちらをご覧いただくとして、私の感想をちょこっと。

セットアップは簡単です。えらく簡単なペラペラのマニュアルに沿ってアプリをインストールしてhueyをUSB接続したら、あとはアプリを起動して指示通りに進めるだけです。迷うこともなく淡々と作業できちゃいました。

で、設定後のディスプレイの色ですが、元の設定がかなり寒色系だったようで、作業後はものすごく暖色系に感じて違和感ありまくりです。まあこれが正常な色ってことなんでしょうが、慣れるのにちょっと時間がかかりそうです。

設定後もhueyをPCにつなげっぱなしにしておくと、設定した一定時間置きに環境光を測定して表示を補正してくれます。私の設置環境は電球形蛍光灯の昼白色ですが、昼間は窓から入ってくる太陽光なので、自動で補正してくれるのはありがたいです。

もっと高い製品だとどんなふうに補正してくれるのか、興味がふつふつとわいてきました。いずれどーんと試してみたいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.01

Skype

Skype最近Skypeやってます。今のところ私の実家とのビデオ通話限定ですが。

だいぶ前に、Windows Messengerを使って実家とビデオ通話をやろうと試みたものの、どうもうまくいかずに放置していたのですが、コレを読んだのを機に、Skype試してみるか、ということでやってみたら、なんともまあ、あっさりとビデオ通話できてしまいました。

とりあえずwebカメラは、Windows Messengerをやろうとした時に買ったELECOMのUCAM-N1C30WBKを使っています。2個セットで売っていたので、実家の分とちょうどよかったので。当時も今もwebカメラの画質などの調査は全然していませんが、はっきり言ってこいつは画質悪いです。もうちょっとマシなやつをぼちぼち探すつもりです。高画質を求めてwebカメラ集めにハマりそうな予感もします(^^;。

音声のほうは、UCAM-N1C30WBK付属のイヤフォンマイクでもよかったのですが、実家のほうでの馴染みやすさも考慮して、ELECOMのMS-PH97UBKを使っています。まんま受話器ですから使いやすいですし、音も結構いいです。

Skype、なかなか面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »