« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.23

ケロロ24

keroro24

ここんところなんとなく"ケロロ24"やってます。

まあこの手の育成ゲーム?みたいなものは全然興味がないというか、昔たまごっちがはやっていた頃も(最近またはやってる?)まったく眼中になかったにもかかわらず、何故かやってます。ぶっちゃけケロロなだけで(笑)。

で、ケロロなだけで買ってしまったものの、うちの子ども達もこういうものをせっせとやるような性格ではないので、自分で買っといてアレですが、仕方がないので責任とってかまっています。

しかし、これが曲者で、ちゃんとかまってないと、「お世話になりましたな~ゲロゲロゲロ」とか言って出て行ってしまいます。で、最初からやりなおし。激しく面倒です。しかも、こいつは夜は10時頃に寝てしまって朝は6時半過ぎでないと起きないので、平日は朝6時40分には家を出て帰りは夜10時を過ぎる場合が多い私としては、かまってる暇などありません。迷惑千万です。まさか仕事にもっていくわけにもいかないし。

ということで、今日もケロロに振り回される一日でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

防湿庫

dry

防湿庫を増設しました。

トーリ・ハンのドライ・キャビTSP-73を使ってますが、色々機材が増えてきてかなり手狭になったので、とりあえずコンデジ系をおいだすことにしましまた。

で、棚におさまるサイズで一番安くてちっちやいのということで、東洋リビングのF-45Zを買いました。写真の右側です。自動で湿度をコントロールしてくれますので、安い割にはすぐれものです。また、扉が磁石式なので開いてもちょっと押すと簡単に閉まってくれるところが結構いいです。

まあ防湿がどうこうというよりは、ほこりよけですね。全ての機材を常に稼働させるのも無理ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

D40でAF可能なレンズ

d40300f4

D40はレンズ内にモータを内蔵したレンズじゃないとAF(オートフォーカス)出来ません。具体的には、ニコンならレンズの名称に「AF-S」又は「AF-I」と付くものがAF可能です。また、シグマでもレンズの名称に「HSM」と付くものが、たぶんAF可能と思われます。で、AF可能なレンズの一覧表を作ってみました。

...ということで、12月6日になんとなく作ったページが↓。

http://members.jcom.home.ne.jp/nulls/d40_lenses.htm

しかし、レンズ内に超音波モータ内蔵しているレンズって、なんでこんなに高額なものばっかりなんですかね。例外は、D40のキットレンズだけ。

銀塩も含めて、どこのメーカであれ一眼レフを経験したうえでのD40購入であれば、レンズの価格にもそれなりに納得がいくでしょうが、初めて手にした一眼レフがD40だと、「え、レンズってこんなに高いの?!」ってことになりますよね、普通。

ということで、バランスの悪いレンズ付けてみました。Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF)。持った感じは、ほんとレンズだけですか?って感じです。でも悪くはないです。

d40300f4sample

上の画像には、素のDSC_0179.NEF(4,909KB)をリンクさせてあります。興味のある方はどうぞ。天気がよければ、外で撮りたかったんですけどね(言い訳)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

D40

d40d50

箱から取り出しての第一印象は、「うわっ、ちっちぇーな。」でした。小さいです。ほんとに。D50がでかく見えます。ミニチュア?って感じです。レンズを取り付け、構えてみて、その小ささと軽さをさらに実感しました。

とりあえずキットレンズのAF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f3.5-5.6G ED IIを付けて近所の公園で撮った何のひねりもない画像はコチラです。

下の画像には素のDSC_0151.NEF(6,595KB)をリンクさせてあります。興味があればどうぞ。さすがにまだCapture NXでしか開けませんので、念のため。


d40sample

ナリはちっちゃいですが、ファインダーは結構見やすいです。私は手がそこそこでかいですが、グリップも悪くないです。液晶表示パネルがないのは、そのうち慣れるでしょう。情報表示画面のデザインは、クラシックにしました。そのほうが慣れてるし。

いやでもほんと、持っているのを忘れるぐらい小さくて軽いです。D50の出番が減りそう。D80も危ういかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »