« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007.03.28

CaplioGX+ワイコン+auto36SR

CaplioGX+ワイコン+auto36SR

Caplio GX100が発表された今、いまさらですが、Caplio GXにワイコンとauto36SR(20mm用のワイドパネルを装着)を付けたらどんな感じか、という話。

ワイコンを付けた状態で内蔵フラッシュを使うと、下の画像の左のように、でっぱったワイコンにケラれて画像の左下に影が出来ます。そこで、外付けフラッシュを使いたいわけですが、auto36SRを付けて直射したのが下の画像の真ん中。ちょっと明るすぎるので、90度バウンスさせたのが、下の画像の右。

1

Caplio GXの場合は、外付けフラッシュを使っても、内蔵フラッシュがもれなく一緒に光ってしまいます。これはCaplio GX8では改善されて、外付けフラッシュを使う際に内蔵のみオフに出来るようになったので、ファームウェアのアップデートを期待したのですが、結局ありませんでした。残念。

で、内蔵フラッシュが一緒に光っているためにちょっと明るすぎるので、auto36SRを90度バウンスかつマニュアルモードにして光量を調節してみました。下の画像、左が1/4発光、真ん中が1/8発光、右が1/16発光です。

2

まあまあ良い感じですが、さらに内蔵フラッシュを覆ってauto36SRの発光のみになるようにしたのが下の画像。上段左がオート発光、真ん中が1/1発光、右が1/2発光。下段左が1/4発光、真ん中が1/8発光、右が1/16発光。

3

Caplio GX100はワイコンとバッテリの使い回しがきかないから、これから中古がそれなりに出回ると思われるCaplio GX8探すかな...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.18

スピードライト

17-55mm

AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)は巨大です。室内撮影等で内蔵スピードライトを使うと、17mmでは下のほうがケラれて暗くなります。フードを付けた状態では、52mm付近、ほぼテレ端で、ようやくケラれがなくなります。フードを取った状態では、24mm付近でケラれはなくなります。外部スピードライトが必要ですね。

ということで、ケラれ具合を見てみました。上段がフードを付けた状態、下段がフードを取った状態、左から、D200の内蔵スピードライト、SB-400、SB-800です。17mm、絞り優先F4、シャッター速度1/60、ISO100、ホワイトバランスはオート、直射です。(SB-800は下7度、バウンスアダプターを装着)

Speedlight

背が低いSB-400では、フード付きだとケラれてしまいます。背が高いSB-800だとケラれはありませんが、今回のケースでは、イスの下に影が出来てしまっています。

実際には室内の近接撮影で直射ってことはないので、バウンスさせてみました。上段がSB-400、下段がSB-800、17mm、絞り優先F4、シャッター速度1/60、ISO100、ホワイトバランスはオートです。(SB-800にはバウンスアダプターを装着)

Bounce

室内の近接撮影では、増灯しないのであればSB-400をバウンスで使うのがいいですね。なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.13

オマケ

Omake

最近、変な買い物をしていないわけではないんですが、なかなかネタがあるようでなくて、blogの更新もすっかり滞っています。全然日記じゃないですね。月記に近いです。

で、ネタがないのでオマケの話。2年ぐらい前までは、ペットボトル飲料に付いてるオマケは、みんな中身が見えなくて、コンプリートするのがえらく大変でした。金にモノを言わせて「大人買い」しても、やたら同じのばっかり出たりして、なかなか揃わなかったものです。これはこれでまあ面白かったんですが。

しかし、中身の見えないオマケは「射幸心を煽る」とかいうことで公正取引委員会だかからクレームが付けられ、ある時を境に、中身が見えるようになりました。

で、今回のコレですが、爽健美茶に付いてたオマケです。もちろん中身が見えていたので、3周してしまいました(笑)。久しぶりに沖縄に行って実物を撮りたいと思う今日この頃でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »